NomiLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NomiLOG

カクテルやウイスキー、リキュールなどの洋酒の楽しみ方を紹介します

洋酒、カクテルが登場するオススメの漫画5選!

突然ですけど私は漫画が好きです

小説も読みますが年に5冊程度

漫画の方は読み続けているものの新刊から新しいタイトルまで月に10冊程度コミックスを購入しています

おかげで自宅には大量の本が溢れる始末なのですが…

 

今や子供だけのものだけではなく大人の読み物としても、市民権を得た感がある漫画

そこに描かれる世界は様々で、お酒の世界をモチーフにしたものもあります

今回は洋酒、ウイスキー、カクテルなどが登場する漫画の中でオススメのものを紹介してみたいと思います

 

 

バーテンダー

f:id:makersmark3565:20170307035923j:plain

Amazon CAPTCHA

 

バーを題材とした漫画の代表格といえばコレ

タイトルの通り主人公はバーテンダーでバーを舞台にしたお話です

バーに訪れる様々な人の人間ドラマが描かれており、お客さんの心をカクテルやウイスキーにまつわるエピソードと共に動かしていく所が印象的

主人公のホスピタリティ溢れる振る舞いも魅力の1つです

 

メジャーなものからマイナーなものまで様々なカクテルやウイスキーが登場するのでお酒の知識を深めるのにはもってこい

洋酒を飲み始めてもっと深く知りたいと思ったあなたにオススメ

筆者はこの漫画の影響で買ったボトルがいくつかあります

ウイスキーとかは登場人物が美味しそうに飲んでるとつい飲んでみたくなっちゃうんですよね…!

 

現在(2016年)はシリーズ2作目の第2部として東京銀座を舞台にして話が展開しています

第1作目(bartender)は巻数が多いので集めるのが大変だと思った方は第2作目(bartender a paris)から読み始めるのもいいかもしれません

2作目には1作目のキャラクターのエピソードが少し登場する程度で今の所話は繋がっていないので違和感なく読めると思います

 

 

ハクメイとミコチ

f:id:makersmark3565:20170307040400j:plain

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス) | 樫木祐人 |本 | 通販 | Amazon

 

昨年辺りから注目を集めているグルメ漫画

身長5cmほどの小人と言葉を話す動物たちが共存しあっているという設定

世界観は西洋や東洋、ファンタジーなど様々な文化が混在していて、そこに登場する料理も様々

そこで生活している人がミニチュアサイズなので料理も食材を豪快に切り分けて作られます

(食材のサイズは現実世界と一緒。なので荷車で大根を運んだり、米粒一粒を細かく砕いてリゾットを作ったりしています)

 

様々な料理と共にリキュールやカクテルも登場します

中でも面白いのは3巻の蜂蜜館の話

街でのいざこざを治めるために、先代館主の失われたレシピのミントジュレップを再現する、というカクテル好きなら思わずワクワクしてしまうようなお話です

 

私もこの話を参考にしてミントジュレップを作ってみたことがあります

 

f:id:makersmark3565:20170307035717j:plain

 

作中に登場するボトルを再現するにはどの銘柄のお酒を使ったらいいだろう?と考えて試行錯誤しながら作った覚えがあります

 

その他にもリモンチェッロやぶどう酒から日本酒まで様々なお酒が登場するため、お酒好きならニヤリとする場面も多いです

登場人物に粋なキャラクターが多いので読後感が非常によく、読んでいて心がほっこりする作品

 

 

お酒は夫婦になってから

f:id:makersmark3565:20170307040540j:plain

Amazon CAPTCHA

 

普段はクールなキャリアウーマンの主人公が夫の作るカクテルを楽しみながら日常を過ごすお話

クールビューティな主人公が酔うと性格が変わり人懐っこくデレデレになってしまうのが面白い所

 

作中に登場するカクテルはカジュアルなものが多く、興味が湧いたら家ですぐに作ることができるものばかりです

かわいい女の子がお酒を美味しそうに飲む…というグルメ漫画の流行りに全力で乗っかったような作品なんですが、カクテル家飲みの入門書として非常に優秀です!

 

長々としたストーリーも無いので肩の力を抜いてゆったりと読めるのもいいですね

 

 

カクテル

冒頭で紹介した「バーテンダー」と同じ城アラキ氏原作の作品

 そちらと同じくバーを舞台にしたお話ですが、主人公は20歳になったばかりの女バーテンダー

カクテル製作経験がほとんどない彼女ですが、カクテルの声を聞くことができる、という能力を持っており、それを駆使して様々な困難に立ち向かっていきます

 

同作者のバーテンダーと比べると設定も話のノリも現代的な印象で、少しチープすぎるかな?と最初は感じていたのですが、話が進むにつれてどんどん面白くなってきているので今後の展開が楽しみな作品です

 

  

バリスタ

f:id:makersmark3565:20170307040737j:plain

Amazon CAPTCHA

 

その名の通りエスプレッソを淹れるバリスタをテーマにした作品なので、お酒がメインの漫画ではないのですが、作中にコーヒーを使ったカクテルが何度か登場します

 

ネットの一部で有名?なブランデーとホイップクリームを使ったコーヒーカクテル、リューデスハイマーカフェが登場するのもこの作品です

 

作中に傷心の主人公がコーヒーの世界から離れてバーテンダーとして働く、というエピソードがあるのですが、本格的なカクテルの解説が入っていたりオリジナルのカクテルが登場したりと、お酒飲みとしてはなかなか読み応えがあります

 

実は私がカクテルに興味を持つキッカケとなったのがこの本なので、少し畑違いですがぜひ手に取って読んでみてもらいたいところです

 

 

 

さいごに

洋酒やカクテルについて描かれた漫画がたくさんあることが分かったと思います

漫画は興味のある分野の知識を気軽に学ぶことができるので、ぜひ手に取って読んでみてもらいたいと思います

 

私はまだ日本酒やワインの知識が未熟なので、それをテーマにした漫画が無いか、と探している最中です

いい漫画を知っている方はぜひコメントなどで教えていただきたいです…!

広告を非表示にする